こんにちは、

アルゴリズム開発センターを運営している、
小澤泰生です。

この近況報告メルマガですが、前回は真面目な話をしたので、
今回は、気楽な話題で。

髪の毛が長くなったので、この前、オフィスの近くで、
髪を切ってもらいました。

「どうしますか?」

と言われたので、

「とりあえず、短く、切ってください。」

と言ったら、はいよー、見たいな感じで。

途中、眠かったし、そもそもメガネを外すと、
前に鏡があっても何も見えないので、
まぁ、任せておこう、という感じで
いたのですが、

えらい、ザクザク、バッサリと切ってくれました。

「まぁ、これ以上切ると、僧侶になっちゃうので、
 とりあえず、上の方は若干残しときました。」

って、

「えっ、僧侶??」

見たいな感じで、
メガネかけて、鏡を見たら、

「ありゃ、結構、、、切ってるね?」

という仕上がり。

ていうか、切り過ぎ?(笑)

ちょっとブルーな感じになっちゃったのですが、

オフィスに戻って、同じ部屋をシェアオフィスしている、
Smartiumの江川さんは、私の頭を見て、

「小澤さん、髪の毛、切りました?」

って言ってきたので、

「切りましたよ」
 (見りゃわかるじゃん(心の中の声))

って言ったら、

「いいんじゃないですが、似合ってますよ。」

と言ってくれました。

いやぁ、さすが、日本を代表するAndroid開発者は、
人間が出来てるなぁ、と感心したもんです(笑)

ちなみに、家に帰って、家族のコメントは以下の通り。

妻:「なんか、親指みたい」

(ん・・・、ま、妻の感性は理解不能な所があるので。。。)

息子(6歳):「ダディ、、、、。 どんまい。」

という雰囲気。
(ちなみに、私の家族は8年間アメリカに居たので、
 子供は私のことを、「ダディ」と呼びます。)

まぁ、けど、不思議なもので、
日常的には、自分の姿は見えないので、
日頃私が見る景色は、前とは全然変わらない訳です。
(周りの人が見る景色は、変わるのかもしれませんが。)

で…、この話、

髪を切ったのは
実は2ヶ月も前でして(おいおい)、
この2ヶ月に
私と会った人は、

「なんか短いなぁ」

って、違和感あったかもしれませんが、
実は、こういうことだったんです(笑)。

それでは。

追伸:
メルマガでは、MATLABや画像処理の開発事例の紹介、
お得な情報などを、配信しています。
よろしければ、「メルマガ登録はこちら」から、
登録してみてください。