Matlab開発のエキスパート、信号処理・画像処理・データ解析・アルゴリズム開発など、ソフトウェア開発の依頼なら
開発事例集

タグ : MATLAB

顔画像から感情を数値化する技術の認知症診断サポートへの応用検討

ご依頼内容 顔画像から感情の情報を検出する技術を応用し、特に認知症等の診断のサポートに役立てられないか、とのご依頼があった。 目的と背景 目的 画像から感情の情報を検出する技術を応用し、特に認知症等の診断のサポートに役立 …

顔追跡(Face Tracking):動画から顔画像を抜き取る

ご依頼内容 心理実験や医学的調査の目的で、被験者の状態をビデオ撮影し、顔の表情等の変化を見るため、動画像から被験者の顔のアップを切り出し、動画ファイルで保存したい。 顔部分の認識を行い、顔追跡(Face Tracking …

脳波解析と可視化

脳波測定データを解析し、結果を判りやすい形で可視化(10-20の図で、時間変化も見るため動画化)。脳波データはEEGLABで前処理され、お客様が指定されるデータ解析手法を適用。学会発表や助成金の申請でも利用するので、正確な実装が必要。

3D表面測定データの解析

3D表面測定データの解析。急ぎ案件だったので、1日でプロトタイプを作成。

画像圧縮アルゴリズムの開発

現行の画像圧縮方式から、画質を落とさず、約10倍の圧縮率を達成するには? 条件として、デコーダはFPGAかASIC化するので、回路規模を小さくし、エンコーダは既存ソフトにDLLで追加出来るようにすること。

ジャンプ(跳躍)の滞空時間の測定

ジャンプ(跳躍)の滞空時間の測定をしたい。測定方法は任せたいが、安価な機器を希望。単純にジャンプの滞空時間を測定するのが第1段階だが、他の展開、例えば、跳躍方向とか、跳躍の軌跡とかを、測定出来ると、なお良い。

心理物理学実験用プログラム開発(Psychophysics Toolboxを利用)

心理学実験用プログラムと実験用入力デバイスの開発。被験者に視覚を刺激するパターンを表示し、被験者のアクションを、入力装置で取得し、ログとして保存する。予算の関係で、入力装置は安価なものを希望。Matlab用のPsychophysics Toolboxの利用が前提条件。

FortranのMATLABへの移植

FortranやC/C++でのコードを、Matlabに移植したいとのご要望は、良く有ります。しかし、Matlabは特殊な言語であり、配列のインデックスの件や、古い記法の件、また単純な移植では極端に処理速度が遅くなるなど、コードの移植は、見た目ほど簡単ではありません…。

Fortran/C/C++のMEX化

Fortran/C/C++で書かれたモジュールの、mex化。素直に動作すれば良が、ゲートウェイ関数の定義や、Matlab、各コンパイラ、OS、他のライブラリのバージョン等で、気をつけなければならない部分が多々あります。また、デバッグは、デバッガをプロセスにアタッチする必要があり、ノウハウが必要となります。正直、ハマると面倒な部分が多々有るのですが…

MATLAB処理の高速化

Matlabで、現状1分以上かかっているのを、2秒以内まで、約50倍の高速化

1 2 »
PAGETOP
Copyright © 株式会社システムラボラトリ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.